大人のおもちゃ箱

ガジェット関係のツール・グッズ、WEBサービスのレビューや体験談が主なブログ(お父さんの大人のおもちゃ箱)です。

普通のママチャリ自転車を電動電動アシスト自転車に改造できるホィール「EvoWheel」が近々発売

f:id:rikochanhayatokun:20180413200314p:plain

 

普段、ブリジストンの電動アシスト自転車「HYDEE.2(ハイディツー)」に乗っています。

 

もちろん、子供を乗せて利用していますが、一度使うともう普通の自転車に戻れない便利さがあります。

 

そんな便利なHYDEE.2ですが、最近いろいろな箇所がボロボロになってきており、何とかパーツの交換などでしのいでいる状況です。

 

diy.hot-maker.com


安いものは自分でパーツを交換すれば良いのですが、1番の考えどころはバッテリーの交換ですね。

 

バッテリーのお値段は、1個33,000円~43,000円程度(容量によって異なる)と大変高額になっています。

 

3年に1回の周期で交換となると、10年くらい乗れば新車が買えてしまう・・・

 

まあ、そのくらい乗ると子供も成長して、電動アシスト自転車に乗る理由も無くなるのですが・・・

 

一度、電動アシスト自転車の快適さを味わってしまうと、恐らく止めれないものになりますよね。。。

 

そんな訳で、次回のバッテリー交換をどうしようか?迷っているところに

普通の自転車を、電動電動アシスト自転車に改造できるホィール「EvoWheel」を見つけました。

 

www.indiegogo.com

Meant for those short commutes to the office or around the city. The EvoWheel City has a top range of 18 miles or 29 km. Comes in two versions 15 mph (EU Model) or 20 mph (US model) with variety of wheel sizes in 20", 24", 26", 27.5", 700C and 29". (Separate survey will be dispatched for 700C and 29")

vimeo.com

まだ、正式に発売されていませんが、近々発売されるとなると気になります。

 

恐らく日本では直に発売や利用の許可はされないと思いますが・・・

 

また、正式に発売された時の値段も10万円程度と、普通に電動アシスト自転車を購入した方が安い・・・

 

これでは、普通の自転車を乗っていて、よほど愛着がある場合、または、他では得られない満足感を得たい場合で無いと購入できません・・・

 

結局のところ、普通にバッテリーを購入することになりそうです。