大人のおもちゃ箱

ガジェット関係のツール・グッズ、WEBサービスのレビューや体験談が主なブログ(お父さんの大人のおもちゃ箱)です。

SONY α6500とFE 70-300mm F4.5-5.6 G OSSで超望遠テスト 900mm

f:id:rikochanhayatokun:20170614173151j:plain

いつか試してみたいと思っていた超望遠のテストしてみました。

(一時期はニコンやパナソニックの超望遠カメラを購入しようか?本気で迷った時期がありましたが、利用頻度が無いのでやめていました)

APS-C機であるSONY α6500に、EマウントレンズSEL70300G(FE 70-300mm)を組み合わせれば、最大450mm(300mm x 1.5倍)になります。

450mm・・・

これだけでも十分使えそうです。

子供の運動会などのイベントで、移動距離を少なくしてくれそうですね。

そして、今回はさらに上を目指し、超解像ズームを使ってみることにしました。

超解像ズームは、画質が悪くなると言われていますが、私は結構利用しています。

動画撮影の場合は、そんなに画質も気にならないレベルだと思っています。

左右のボタンに割り当てると、なんちゃってズーム機能になって便利ですよ。

また、パワーズームレンズの場合は、ズームレバーでそのまま、超解像ズームを利用することができます。

(超解像ズーム便利です)

で、念願の450mm x 2倍の900mmです。

・・・ 肉眼の写真はありません。。。

f:id:rikochanhayatokun:20170614173151j:plain
(105mm) f:id:rikochanhayatokun:20170614173231j:plain
(450mm) f:id:rikochanhayatokun:20170614173235j:plain
(900mm)超解像ズームON x2 f:id:rikochanhayatokun:20170614173237j:plain
(900mm)超解像ズームON x2

まさか!?この距離を撮影できるとは驚きです。

肉眼で見ていると、あんなに遠くにある建物が、900mmではこんなに近くに・・・

野鳥や自然動物を撮影したりする時に便利なのかな?

やっぱり、自分の撮影スタイルでは、900mmは今のところ必要なさそうです。

感想としては

450mmでは、手ブレ補正も良く効いている?感じですが、さすがに900mmとなると

手持ちで一定時間静止させ続けるのが困難でした。

900mmを動画で利用する時は、三脚が必須ですね。

いつか?900mmを必要とする日がくることを夢見ています。。。