読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人のおもちゃ箱

ガジェット関係のツール・グッズ、WEBサービスのレビューや体験談が主なブログ(お父さんの大人のおもちゃ箱)です。

音声AIアシスタント「Google Home」の消費電力は意外に省エネだった

Google Home AI 消費電力

f:id:rikochanhayatokun:20170208181724j:plain

音声AIデバイスの「Google Home」を使って現状何ができるのか?

毎晩、Google Homeで音楽を再生させながら、時にはつぶやいたりと、いろいろな機能を試しているところです。

現状自分なりに理解した部分は

■Google Home製品で何ができる?

・音楽(Google Play Music)は、日本アーティストが再生でき快適です!(ちなみに1か月の無料会員に入会しました。1か月後有料会員で無くなった場合、どのように使い勝手が変わるのか?気になりますね)

・動画(YouTube)は、日本語ワード(ローマ字的に)で検索できない?

・電化製品などホームネットワークは、日本ではあまり普及していない・・・(nest、PHILIPS hue、SmartThings、wemo、honeywell、まだPHILIPS hueは日本でも商品を見かけますが、その他は?ですね)

・IFTTTと連携することで、IoT的なことが簡単にできる!

・Actions SDKやapi.aiなどのツールを使えば本格的なサービスを構築できる?

・その他・・・調査中

今、IFTTTを使っていろいろなプログラムを試しているところです。テストを試したところ、レスポンスの速さに驚きました。

(送信データ、結果データともに確認できました)

■Google Home製品で何がしたい

とちあえずは、テレビを完全に音声で操作(YouTubeで日本の動画を再生)できるようにしたいですね。

IFTTTサービスを利用して、現在開発中です。

■Google Home製品の消費電力

さて、肝心の消費電力についてです。

24時間365日と常時起動させているだけに、どのくらいの消費電力、待機電力が発生しているのか?気になるところです。

そこで、SANWAのワットモニターを使って計測してみました。

すると、2.4と意外にも低消費電力?が分かりました。

常時平均2.4といったところでしょうか。

音楽再生時のボリュームを上げても、あまり変化はありませんでした。

(音声MAXは試していません)

唯一、消費電力が上がったことは、本体上部のボタン操作(3.7くらいに上昇)をした時くらいです。

この結果、Google Homeの常時利用で電気代が大幅に上がるっという心配はなさそうです。

(ただ常に接続中なだけに、個人情報がどこまで取られているのかは?分かりません。電気代の心配よりそのあたりの不安は残ります。。。)